clubandorg_univ_org1.png

​若葉祭

​若葉祭は今年度で43回目の開催となる、女子栄養大学の代表的な行事です。対面での開催時は毎年12,000〜13,000人の来場者をお迎えし、地域の方々や保護者の方々、受験生など多くの方に楽しまれていました。

​昨年の第42回開催に引き続き、今年度もオンライン開催となりましたがオンラインならではの様々な企画を用意したので、ぜひ沢山の企画をご覧ください。

​実行委員長挨拶

 第43回若葉祭をご覧いただき、ありがとうございます。実行委員長を務めさせていただきます。佐藤望遥です。 

新型コロナウイルス感染症の感染が危惧される中で、今回も無事に若葉祭を開催出来ること、大変嬉しく思います。 

また、香川明夫先生をはじめとした大学教職員の皆様、香友会の皆様、若葉ウォークや近隣施設の皆様、今日までにご協力いただきました全ての皆様に、主催者を代表して厚く御礼申し上げます。 

 今回のテーマは「彩食健美」です。 

こちらのテーマにはコロナ禍に置いて日常の食事が生活を彩るものとなるよう、 

食べることが健やかで美しい自分を維持することに繋がるように、という思いが込められております。 

 さて、前回の若葉祭は先輩方のご尽力もあり、初のオンライン開催となり、盛況のうちに幕を閉じました。今回はさらに進化したオンライン若葉祭を開催しようと実行委員は学業の合間を縫い、何度も会議を重ねて、皆様に楽しんでいただける企画をご用意いたしました。毎年恒例の料理コンテスト、お菓子コンテストはSNSを最大限に活用し一般の皆様にも投票いただけるように変更いたしました。栄大生らしい、知識、技術、想いのこもった力作が揃っております。 

今回初めて行う企画である「栄大先生の本気ごはん」は、栄養学の第一線で活躍される栄養学部の先生方のリアルなレシピをご紹介いただく企画になります。実は、私たち栄養学生が1番知りたかった情報です。私自身もとても楽しみにしている企画です。 

 また、HPも充実させました。委員が1つずつ作り上げた温かみあるページになっております。 

 多くの方々にこの若葉祭をご覧いただき、食がさらに皆様にとって健康を守るもの、楽しみになるものになることを願いまして実行委員長挨拶に変えさせていただきます。

第43回若葉祭開催です。お楽しみください!